複数の人

しっかりとした人材を育成する|ビジネスマナーの研修を取り入れよう

研修の目的を明確にする

マイクを持つ人

企業研修を実施する会社が増加していますが、その目的を社員一人ひとりに明確に伝えることが大事なポイントです。社員の中長期的な目的に関しては多様化しています。専門職なのかマネジメントなのか一人ひとりのビジョンに照合させることが大事なのです。

正しい接客を習得するには

女性たち

人材育成サービスの活用

サービス業で働く人間に欠かせないスキルとしてあげられるのがビジネスマナーです。正しいビジネスマナーによって接客することは、顧客からの印象を良くし、リピート率を高めてくれます。逆にビジネスマナーが備わっていないと、不適切な接客によって利用者を怒らせてしまうかもしれません。そこから悪いイメージが広がるのを防ぐためにも、研修をしっかりと行なってビジネスマナーを身につけさせることが重要です。自社で社員の研修を行うのが難しい場合、サービスとして提供されている研修会社を利用するのがおすすめです。ビジネスマナーや接客術に長けた講師陣が指導してくれる研修なら、社員のスキルを大きく改善してくれます。社員教育のサービスで用意されているカリキュラムには、基本的な接客術や販売力を向上させるものがあります。前者は接客業に携わるものなら知っておきたい、基本となるスキルを指導するものです。社会人になりたての新入社員に適した研修と言えるでしょう。後者は基本的な接客スキルが身についた人間に対して、商材を売り込む力を教えてくれるものです。お客様がどういったものを欲しがっているのか理解し、目的を満たせるような商品提案を行うスキルが身につきます。最近では、日本を訪れる外国人観光客を想定した研修カリキュラムも用意されています。英語や中国語によって外国人観光客と適切なコミュニケーションを取れるよう指導し、日本ならではのおもてなしの作法も学ぶことができます。外国人観光客の来店が増加しているお店の従業員に最適です。

人材育成の新しい流れ

男女

タレントマネジメントシステムを導入することで、人材育成の仕組みをより効果的に使えるようになるのです。経営層の人材を登録することはもちろん、後継者も登録することで、人材育成の精度が上がり、企業基盤が強固になっていくのです。

入社するまでに基礎を習得

男性

近年は新卒の内定者向けて、ネットで簡単に受講可能なe-ラーニングを提供する企業が増えてきました。一般的なマナー研修から、企業独自の研修まで幅広く内定者へ提供が出来ますので、より効率化された研修を実施するためにも導入の検討も視野に入れておきましょう。