複数の人

しっかりとした人材を育成する|ビジネスマナーの研修を取り入れよう

人材育成の新しい流れ

男女

企業において、いずれ経営層を担う人材の育成が重要課題になってきていますが、そのためにタレントマネジメントシステムを導入する企業が増えてきています。タレントマネジメントシステムは、社員の能力や才能といったものから、社内外での経験をまとめた、一種のデータベースシステムです。今までの人材育成の仕組みであれば、どうしても上司の主観的なイメージなどで、左右されることがあったのですが、それを排除できるのが、特徴の一つです。さて実際にタレントマネジメントシステムを使った、人材育成をするということはどのようになるか、経営層に絞って説明してみます。まず最初に現在経営層にいる方について、登録を進めていきますが、その時に重要なのは、基本的な情報のほかに、人事面談などの結果の情報です。これらの情報を登録することで、その人材がどのような考え方をしているのか、そしてどういった分野に適しているのかが、把握することができます。これにより新規ビジネスに適した人材などを、早期に確保することができますので、目的に合わせて適材適所に人材を配することができるのです。また経営層の後継者という方々も、登録しておくと、さらにタレントマネジメントシステムはメリットを享受できます。いずれ経営層は交代することになりますので、後継者を確保するとともに、後継者も適した部署に配置することができるのです。こうして企業は、経営層が交代していくにつれて、適した人材をその後継者として配置できるので、企業基盤が強固になっていくのです。