複数の人

しっかりとした人材を育成する|ビジネスマナーの研修を取り入れよう

研修の目的を明確にする

マイクを持つ人

一人ひとりのビジョン

最近では企業研修を積極的に行う企業が増加しています。この目的は人材のプロフェッショナル化と人材のスキル底上げがあります。研修は企業が先行投資して貴重な時間を利用して実施するものです。しかし受講生側の認識が低いとこの研修の意図が伝わらずに意味のない時間にしてしまう可能性が高くなっています。企業研修を行う目的であるプロフェッショナル化とスキル底上げはあくまでもマネージャー層が理想とするプランです。受講生にこの目的がしっかりと伝わっていないと研修そのものが無意味になってしまうのです。会社として企業研修を開催する前に、受講生である社員に対して今後の中長期的な方向性についてヒアリングすることが大事なポイントになります。今後会社の中でどのような仕事をしていきたいのか、どのようなスキルを身につけて、どのようにそれを利用していくことを目指しているか、そしてどうなりたいのかです。専門職を目指すことを目的としている社員もいれば、ラインマネジメントを目指す社員もいます。一人ひとりのビジョンが多様化しているのも企業社員の傾向です。これをくみ取らずに企業研修を受講させても意味がないのです。あくまでも企業研修は、専門的なスキルを身につけるものではなく、考え方や概念、そして方向性に対するものです。そのため、ビジョンを明確にしないと研修を受講する意味すらなくなってしまうのです。マネージャーは一人ひとりの設計をもとに進めることが大事なのです。