複数の人

しっかりとした人材を育成する|ビジネスマナーの研修を取り入れよう

入社するまでに基礎を習得

男性

24時間対応可能

新卒生の採用にあたり、学生から社会人となる新卒生の研修や教育に力を入れている企業も多く、いかに早く即戦力として活躍出来る人材を育てるかは、企業にとって非常に重要な意味を持ちます。そこで、新卒生向けに、入社までの時間を使ってe-ラーニングを実施する企業が増えてきました。内定者向けのe-ラーニングは、すでに決まった研修内容もありますし、一から企業で作成する事も可能です。学生が入社するまでに学べる事は非常に多く、主に社会人としてのマナーを内定者へe-ラーニングとして提供するケースが多くなります。敬語の使い方から名刺の渡し方まで、実際に入社する前に学ぶ事で、入社後の研修時間を大きく削減する事にも繋がります。そして企業独自のe-ラーニングを作成する場合には、企業の商品やサービスに関する知識をe-ラーニングで内定者へ提供する事で、少しでも多くの知識を持って働く事が可能となります。近年の若者はスマートフォンをメインで利用する事が多く、e-ラーニングは24時間ネットが繋がる環境であれば、どこでも受講が可能である事も多く、内定者にとっても受講がしやすい特徴があります。そして内定者のモチベーションを図るためにも、e-ラーニングの受講具合を管理したり、時には簡単なテストを実施してみるのも良いでしょう。今後一緒に働く事になる内定者へ向けた研修をより効率化し、そしてコスト削減にも繋がるe-ラーニングは、今度さらに高い注目を集める事でしょう。